メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

「警官とは」教えてくれた 土砂崩れで殉職

土砂に覆われた住宅地で捜索をする警察官ら=広島県坂町で2018年7月11日午前9時15分、本社ヘリから小出洋平撮影

 西日本豪雨では、災害対応に当たろうとした警察官も犠牲になった。広島県警東広島署の藤岡司警視(58)=警部補から2階級特進=は6日夜、非常招集を受けて署に自家用車で向かう途中に被災し、川に転落して殉職した。上司らは「彼の遺志を継いで署員が一丸となり、この災害を乗り切っていきたい」と話す。

 「招集かかったから行くけん」。6日午後8時40分に招集がかかると、藤岡警視はそう言い残し、東広島市内の自宅を出た。

 親族の男性(49)によると、藤岡警視の妻(47)は出発時に声をかけられなかったのが心残りで、午後9…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文786文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです