メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

錦織ベスト4逃す ジョコビッチに1-3

ジョコビッチに敗れベスト4を逃した錦織圭=AP

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第9日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準々決勝が行われ、第24シードの錦織圭(日清食品)が、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、6-3、2-6、2-6で敗れた。錦織は、ウィンブルドンの日本男子では1933年の佐藤次郎以来、85年ぶりとなるベスト4を逃した。

 第8日の10日は、男子ダブルス準々決勝があり、日本男子として81年ぶりの8強に進んだ第14シードの…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです