メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

桂歌丸さん追悼(下) 小さな体で挑み続けた「歌丸落語」

最初の師匠、五代目古今亭今輔さん(前)と、兄弟子で後に師匠となる桂米丸さん(後ろ)に従って真打ち披露興行をつとめる歌丸さん=東宝名人会で1968年

 桂歌丸さんは、誰もが知っている「国民的落語家」だった。そして晩年は、病気と付き合いながら、「大喜利の歌丸で終わりたくない。噺家(はなしか)の歌丸で終わりたい」と、最後の最後まで、高座に上がることにこだわった。だが、多くの方が、実のところ高座を見る機会がなかったことと思う。ここでは、「噺家」にこだわった歌丸さんを振り返りたい。

 「おすわどん」という噺は、ほとんどの方がご存じないだろう。「鍋草履(ぞうり)」「いが栗」は知ってる…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1316文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです