メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

それから(2017年、韓国) 「生きる意味」問う人生の断片

 「何のために生きるのか?」と問われ、瞬時に答えられる人は少ないでしょう。小さな出版社の社長で、著名な評論家でもあるボンワン(クォン・ヘヒョ)もそうでした。新入社員の女性、アルム(キム・ミニ)を出社初日にランチに誘ったところ、そう問いかけられ、しどろもどろになってしまいます。

 この2人と、ボンワンの妻、2カ月前に別れた不倫相手の女性。この4人のある一日を軸に描かれる、普通の人たちの日常。何気ない会話の底に流れる諦めと希望、象徴的に使われる光と闇。それによって浮き上がるのは、女の潔さと怖さ、…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです