メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪北部地震

渋川や伊勢崎でブロック塀撤去 2小学校 /群馬

 渋川市教育委員会は12日、市立古巻小学校東側のブロック塀を撤去した。今後、伊香保小学校や渋川中学校のブロック塀も順次撤去する。

     撤去された塀は長さ約40メートル、高さ約1・5メートルで、通学路に面している。2005年に築造されたが、その下の基礎部分(高さ約1・3メートル)は築造年が不明で古いことと、ブロック塀を継ぎ足す工法で設置されていることから撤去した。松井宏義校長は「児童には工事の理由を説明し、大地震の時の危険回避の大切さを指導していきたい」と話した。

     伊勢崎市は12日、境剛志小(同市境下武士)のブロック塀を撤去したと発表した。市によると、高さ2・94メートル、長さは直線で約34メートル。撤去費用は約75万円。【吉田勝、高橋努】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
    2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
    3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
    5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]