メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

春日部市長選 当選無効訴訟、高裁が請求棄却 春日部 /埼玉

 昨年10月の春日部市長選で、4選した現職の石川良三氏(67)に敗れた岩谷一弘氏(52)が県選管を相手取り当選無効を求めた訴訟で、東京高裁(都築政則裁判長)は12日、請求を棄却した。県選管によると、判決は「裁決は正当で請求は理由がない」とした。

     市長選は石川氏が8票差で当選したが、有権者の異議申し出を受け、市選管が全投票用紙を再点検。5票差に縮まったが当落は変わらないとして申し出を棄却した。有権者らは、再点検結果が不当として県選管に審査を申し立てたが、県選管も棄却。岩谷氏は4月に県選管の裁決の取り消しなどを求めて提訴していた。

     岩谷氏は毎日新聞の取材に「裁判所の判断を厳粛に受け止める。今後の対応は支持者と相談して決めたい」と述べた。【上野宏人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
    2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
    3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
    5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]