メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天王様

提灯500個、夏の夜彩る 久喜 /埼玉

 久喜市の夏を彩る提灯(ちょうちん)祭り「天王様」が12日あり、約500個の提灯をつけた山車が市の中心部を巡行した。

     市内の八雲神社の祭礼で、1783(天明3)年の浅間山の噴火による生活苦や社会不安を除くため、山車を引き回し、豊作を祈願したのが始まりとされる。

     昼間、素戔嗚尊(すさのおのみこと)などの神々や歴史上の人物の人形を乗せた山車は、夜になると人形から約500個の提灯に組み替える。この日は6台が久喜駅西口のロータリーに集結し、かけ声とともに山車の上部の提灯を回転させ、観光客らを魅了した。

     18日は計8台の山車が出る予定。問い合わせは久喜市観光協会(0480・21・8632)へ。【上野宏人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
    2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
    3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
    5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]