メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最新出土品展

11遺跡、今年度の貴重な品並ぶ 行田 /埼玉

 県立さきたま史跡の博物館(行田市埼玉(さきたま))で、今年度の最新出土品展「地中からのメッセージ」が開かれ、考古学ファンらでにぎわっている。9月2日まで。

 同館と県埋蔵文化財調査事業団、埼玉考古学会が主催。昨年度までに県内で発掘されたり報告書などがまとまったりした出土品の中から、旧石器時代から江戸時代末期までの11遺跡の貴重な品をいち早く展示している。

 このうち、縄文時代の後期から晩期(約4000~3000年前)に形成された円環状の巨大な盛り土遺構が…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文728文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 大阪市の指定暴力団幹部宅で拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロを押収
  5. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです