メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道展

県内入選者/下 /埼玉

公募

 《大字書》赤間拓也、今泉青蘭、大久保彩丘、橋本徳江、松野笛葉、山田好華、横溝史紅(さいたま)小原有理、倉持朱炎、小谷野七生、斉藤久美、清治豊石、矢野郁夫(川越)朝倉樹徑、大澤皓華、小林蛍水、芝崎まこ、山下翠雨(熊谷)内野裕艸、工藤静舟、小林桃園、田中秋香、寺村翠月、中尾星歩、本〓小篁、森野俊子(所沢)中嶋光春(加須)菅沼純石(春日部)大脇堤華(鴻巣)新舩紀子、田中彩華(深谷)小林絮雲(草加)小島華溪(戸田)大音泉華、忍足日出男、島正憲(入間)藤原培風(朝霞)榎本美知子(北本)谷本煌水、保田愛子(三郷)飯野耕雲(蓮田)島田竹風(吉川)宮本和恵(ふじみ野)野口素風(白岡)馬場華絢(小川町)猪瀬富美(上里町)鈴木清三(宮代町)

 《篆刻》阿部寿美子、高橋秀俊(さいたま)馬場香子(川越)安藤芳月(狭山)江守亜咲(朝霞)菅田萌春(…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1144文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです