受動喫煙防止条例案

飲食店7割、原則禁煙に 千葉市が概要 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて罰則付きの受動喫煙防止条例制定を検討してきた千葉市は12日、条例案の概要を公表した。東京都の条例と同様、国会で審議中の健康増進法改正案より規制の対象を広げた内容で、市内の7割の飲食店が対象となる見通し。今後、市民から意見を募集したうえで9月定例会に提出したい考えで、2020年4月施行を目指す。

 市の条例案は、従業員がいる飲食店は面積にかかわらず、原則屋内禁煙(喫煙専用室を設置すれば喫煙可)とし、違反した場合は最高5万円の罰金を科す。健康増進法改正案は客席100平方メートル超を対象としており、より厳しい内容だ。市内にある約3200の飲食店のうち、一人経営などで従業員を置かない店を除き、70%が規制対象になるとみられる。ただ、都条例と違い、バーやスナックなど風営法が適用される店舗は経過措置…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文937文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集