メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

懲戒処分

巡査、中学生にみだらな行為 県警 /千葉

 県警は12日、女子中学生にみだらな行為をしたとして、松戸署地域課の男性巡査(20)を停職6カ月の懲戒処分とした。巡査は同日付で依願退職した。

     県警監察官室によると、巡査は4~5月に3回、神奈川県内のカラオケ店で東京都内の女子生徒にみだらな行為をしたとしている。生徒の家族から相談を受けた警視庁が今月2日、神奈川県青少年保護育成条例違反容疑で書類送検した。

     巡査はSNSを通じて生徒と知り合い、休日や勤務明けに会う約束をしていた。県警の聴取に行為を認め、「女の子に興味があった。自分の欲求に負けた。みだらな行為のためだけに会っていた」と話したという。

     県警の山本能之首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。被害者とご家族、県民に心からおわびする」とコメントした。【斎藤文太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
    2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
    3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
    5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]