メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ うらわ美術館(さいたま市) 本にまつわる1400点 /東京

 JR浦和駅の西口を出る。スーパーや雑貨店の並ぶ商店街を通り過ぎると、ホテルの入った20階建ての「浦和センチュリーシティ」が見える。その3階にある、市立美術館だ。

 展示室は4室、総面積は2349平方メートルとコンパクトだ。小規模でも存在感を示そうと、2000年春の開館時に「本にまつわるアートを展示する」というユニークなコンセプトを掲げた。美しい装丁の本や挿絵の原画など計1400点を所蔵。情報コーナーには全国の美術館の図録やしかけ絵本が置かれ、図書室のような雰囲気だ。来館者は手にとって、自由に閲覧できる。

 駅に近くて生活空間にあり、ふらっと入りやすそうな好立地。なのに、1階入り口に目立たない掲示板がある…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文679文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです