メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第6局の11

すでに勝てない局面 観戦記・椎名龍一

 羽生は1分将棋に追い込まれ、珍しく大きな駒音で[後]2二飛と竜にぶつけた。確かに高い駒音が似合う強気な一手だが、秒読みの中、やむを得ず、高い駒音につながったようにも見えた。

     図では「単に[後]5七香と打つべきでしたか」と羽生が感想を語ったが、「[先]4九玉[後]6七とに[先]2五桂打のつもりでした」と佐藤。「これが厳しいですか」と感想戦で羽生はうなずく。

     また図では[後]6七とと王手して[先]同玉[後]7七銀打[先]同桂[後]同銀不成(参考図)と勝負する手も感想戦で示された。[後]6六銀成以下の詰めろが先手玉に掛かっているが、[先]4一竜の王手で合駒請求をされるのがつらく、[後]4二香と合駒を使ってしまうと、[後]6六銀成[先]同玉[後]5六歩[先]7五玉のときに[後]7三香が打てずに先手玉の詰めろが消えてしまう。「詰めろでなければ普通はこちらが負けですね」と感想戦で長考の末に羽生は結論を出した。図の局面では、すでに後手が勝てない局面になっていたようだ。

     ---       [後]2二飛 1

     [先]4一竜    [後]4二銀

     [先]2五桂打 1 [後]2四角

     [先]3五歩    [後]5七香

     [先]同金     [後]同桂成

     [先]同角     [後]6七と

     [先]同玉     [後]5六歩

     [先]同銀

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
    2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
    5. 知事発言録 15~21日 /千葉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]