メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制手術の資料残らず、裏付け困難 県内、救済への道遠く 統計の746人、特定できず /静岡

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強いられた問題で、強制手術の必要性を判断した資料が残っていないことが県などの調査を難しくしている。県内では746人が強制手術を受けたとする県の統計はあるが、12日現在では県聴覚障害者協会に15人分の強制手術の申告があるだけで、県は強制手術を受けた人を特定できていない。国会では救済法の立法が議論されているが、県内でどれだけの救済につながるかは不透明な状況だ。【松岡大地、島田信幸】

 「高等部にいた時、保護者が集められた会で、校長が『不妊手術をすれば結婚相手を探す』と話していたと(…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1226文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです