メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「未来のミライ」 家族、人間への愛凝縮 /愛知

 待った甲斐(かい)があった。ある家族のごく私的な物語かと思いきや、いにしえから全ての人が同様に繰り返す壮大なループに思い至る傑作。「サマーウォーズ」や「バケモノの子」の細田守監督が3年ぶりに放った長編アニメーション「未来のミライ」には、身近な家族への、人間という存在への愛が詰まっている。

 とある都会の小さな家に暮らす4歳の男の子くんちゃんは、生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われ、戸惑いふて腐れている。そんな彼が中庭の小さな木の前で、次々と不思議な出会いを経験する。かつて王子だったという謎の男や、幼い頃のお母さん、青年時代の曽祖父。そして、未来からやってきたセーラー服姿の妹ミライに導かれ、くんちゃんは時空を超えた冒険の旅に出る。

 建築家のお父さんがデザインした家は、土地の高低差を使った洒落(しゃれ)た造り。庭や公園の緑は柔らか…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文982文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです