メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「未来のミライ」 家族、人間への愛凝縮 /愛知

 待った甲斐(かい)があった。ある家族のごく私的な物語かと思いきや、いにしえから全ての人が同様に繰り返す壮大なループに思い至る傑作。「サマーウォーズ」や「バケモノの子」の細田守監督が3年ぶりに放った長編アニメーション「未来のミライ」には、身近な家族への、人間という存在への愛が詰まっている。

 とある都会の小さな家に暮らす4歳の男の子くんちゃんは、生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われ、戸惑いふて腐れている。そんな彼が中庭の小さな木の前で、次々と不思議な出会いを経験する。かつて王子だったという謎の男や、幼い頃のお母さん、青年時代の曽祖父。そして、未来からやってきたセーラー服姿の妹ミライに導かれ、くんちゃんは時空を超えた冒険の旅に出る。

 建築家のお父さんがデザインした家は、土地の高低差を使った洒落(しゃれ)た造り。庭や公園の緑は柔らか…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです