メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松江・宍道湖の水上飛行機事故

男性を書類送検 危険行為容疑 /島根

 昨年4月、松江市玉湯町付近の宍道(しんじ)湖で水上飛行機が離水に失敗した事故で、松江署は12日、操縦していた同市の無職男性(73)を航空危険行為処罰法違反の疑いで松江地検に書類送検した。

     送検容疑は昨年4月15日午前、友人の会社役員男性(72)=鳥取県米子市=を乗せて鳥取空港に向かって飛び立とうと滑走したが、大波を受けて離水できず機体のフロート(浮き)が損傷するなど、航空の危険を生じさせたとしている。2人にけがはなかった。

     送検された男性は「経験を過信し、十分な滑走距離を確保しなかった」と容疑を認めているという。【鈴木周】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
    2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
    3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
    5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]