メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

男・村田の再出発/5 良きライバル、松坂世代

エイジェックに入団が決まった梵選手(右から2人目)。村田選手とともに、野球を通じて小山市を盛り上げる=2018年6月

 <document>

 6月上旬、野球の独立リーグ、BCリーグ栃木ゴールデンブレーブスの村田修一選手の電話が鳴った。「元気か」。声の主は、プロ野球(NPB)広島東洋カープで昨季までプレーした梵(そよぎ)英心選手だった。

 2人は1980年生まれの37歳。今年、右肩の故障から復活した中日・松坂大輔投手(37)に代表される「松坂世代」だ。村田選手は日本大、梵選手が駒沢大と東都大学リーグで戦った仲でもある。

 栃木と同じ栃木県小山市に拠点を置く社会人チーム「エイジェック」に、梵選手が選手兼コーチで加入する話…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1042文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです