メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

高齢者向け免許試験に賛成=無職・副島功・67

 (長崎県長与町)

     高齢者の運転による大きな事故が頻繁に起きている。被害者にはもちろん、加害者にとっても悲劇だ。

     本紙10日のオピニオン面「発言」に「免許 高齢者向け試験新設を」が掲載された。私も高齢者の仲間入りをしているので、いつまで運転するかが課題だ。認知度に加え、運転技能と交通知識を課す再試験制度に賛成だ。合格ラインは新規免許取得並みにすべきだろう。自動ブレーキ搭載車も現れ安全対策が向上しているので、個人差はあるが、実施時期は75歳以上の免許更新時にしてほしい。

     運転技術を保つためにも毎日ちょっとでも運転し、「ヒヤリ、ハット」などが増えたり、バック運転が難しくなったりしたら免許を自主返納しようと思っている。高齢者は判断能力が衰えていることを自覚し、安全運転に徹したいものだ。

     一方、車を手放すと公共交通に頼ることになるが、返納者にはタクシーの割引制度や路線バスの乗車券を配布するなどの特典を付与することも必要だろう。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]