メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ほぼ1カ月前(6月12日)に米朝首脳会談が開かれた時、多くの日本人は思ったのではないか。北朝鮮は核を捨てて経済発展をめざす戦略的な決断をした。日本も国際支援の動きに乗り遅れず日朝交渉を急がねば--。

 残念ながら早合点だった。今月上旬の米朝高官協議を終えたポンペオ米国務長官も、北朝鮮の非核化は「数十年に及ぶ挑戦」だと言い始めた。協議に期限は設けないとも。

 言葉尻をとらえるようだが、長官は先月半ば、2020年までに主要な非核化を終えたいと語っていた。突然…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文979文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです