メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

政府の幼児教育・保育無償化 経済優先が招く迷走=阿部亮介(医療福祉部)

 昨年10月の衆院選で、安倍晋三首相が目玉政策に掲げた「幼児教育・保育の無償化」の内容が、6月に固まった。選挙後には認可外保育の取り扱いをめぐって二転三転し、半年以上を費やした。この間の迷走劇を取材し、安倍政権肝いりの無償化政策は保育の実情への理解がいかに欠けているかを痛感した。

 首相は、昨年9月に衆院を解散する際に無償化を表明した。財源には、2019年10月に消費税率を8%から10%に引き上げた際、国の借金減らしに使うことになっていた分を減らして、子育て支援に充てるとした。自民党の政権公約には「20年度までに、3歳から5歳までの『すべて』の子供たちの幼稚園・保育園の費用を無償化する」などと明記した。

この記事は有料記事です。

残り1688文字(全文1992文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 「不安乗り越えられた」宮原、手応えの6位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです