メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

政府の幼児教育・保育無償化 経済優先が招く迷走=阿部亮介(医療福祉部)

 昨年10月の衆院選で、安倍晋三首相が目玉政策に掲げた「幼児教育・保育の無償化」の内容が、6月に固まった。選挙後には認可外保育の取り扱いをめぐって二転三転し、半年以上を費やした。この間の迷走劇を取材し、安倍政権肝いりの無償化政策は保育の実情への理解がいかに欠けているかを痛感した。

 首相は、昨年9月に衆院を解散する際に無償化を表明した。財源には、2019年10月に消費税率を8%から10%に引き上げた際、国の借金減らしに使うことになっていた分を減らして、子育て支援に充てるとした。自民党の政権公約には「20年度までに、3歳から5歳までの『すべて』の子供たちの幼稚園・保育園の費用を無償化する」などと明記した。

この記事は有料記事です。

残り1688文字(全文1992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです