メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

乳房再建を考える=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 先日、「20年前に乳がんで失った胸を再建してほしい」という50代後半の女性患者が来院しました。手術後、大好きだった温泉旅行も諦めていたが、「友人の話を聞いて自分も乳房再建手術を受けたい」と思うようになったとのことです。

 乳房再建には、インプラントを使ったものがあります。インプラントは形態を再現するために体内に埋め込むシリコーン製のバッグで、2013年7月から乳房再建手術に公的医療保険が適用されています。以前からインプラントによる乳房再建は行われていましたが、自費治療であったため、高額な費用負担を患者に強いるものでした。

 この保険適用以来、「カタチの総合医」でもある形成外科医の手術として、乳房再建症例が急激に増えました…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです