メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 準決勝 クロアチア、初の決勝進出

【クロアチア-イングランド】決勝進出を決めてサポーターの声援に応えるクロアチアのダリッチ監督(中央右)とモドリッチ(同左)=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月11日、長谷川直亮撮影

 <Russia 2018 WorldCup>

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は第23日の11日、モスクワで準決勝の残り1試合が行われ、クロアチアがイングランドを延長戦の末、2-1で降して初の決勝に進んだ。

 3試合連続で延長戦を戦って勝ち抜いたクロアチアは初優勝を懸けて、15日午後6時(日本時間16日午前0時)からの決勝で、自国開催の1998年大会以来2度目の世界一を目指すフランスと対戦する。両チームのW杯での対戦は、同年大会の準決勝の一度だけ。その時はフランスが2-1で勝っている。

 クロアチアは1-1で迎えた延長後半4分にマンジュキッチが決勝点を挙げた。イングランドは初優勝した自国開催の66年大会以来の決勝進出を逃し、14日に行われるベルギーとの3位決定戦に回った。


ニュースサイトで速報

 ニュースサイトでは大会の最新情報を中心に、全試合のリアルタイム速報、写真特集、動画などをお届けします。

関連記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです