メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 ケルバーVSセリーナ 女子決勝

準々決勝でジョコビッチに敗れた錦織=ロイター

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第10日は12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス準決勝があり、第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が、第12シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)に6-3、6-3でストレート勝ちし、準優勝した2016年以来、2年ぶりに決勝へ進んだ。2年ぶりの優勝を目指す第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)は第13シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)に6-2、6-4で快勝。14日の決勝は16年と同じカードとなった。

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2046文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです