メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道南西沖地震

25年 奥尻島で追悼行事 津波犠牲198人

北海道南西沖地震から25年。遺族らの手で海に流された灯籠(とうろう)=北海道奥尻町で2018年7月12日午後7時28分、貝塚太一撮影

 230人が犠牲になった1993年の北海道南西沖地震から25年がたった12日、最大の被災地・奥尻島(北海道奥尻町)で追悼行事があった。島では沿岸全域を襲った津波などにより198人が死亡・行方不明になった。107人が犠牲になった青苗地区の海岸では、遺族らが灯籠(とうろう)を流し、犠牲者の冥福を祈った。

 妻を亡くした漁師の磯島幸男さん(89)は「あっという間の25年。漁の忙しいシーズンが来るが、見守ってくれている」と海を見つめていた。

 慰霊碑「時空翔(じくうしょう)」の前では、住民らが1000本のキャンドルに灯をともした。地震は93…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです