メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道南西沖地震

25年 奥尻島で追悼行事 津波犠牲198人

北海道南西沖地震から25年。遺族らの手で海に流された灯籠(とうろう)=北海道奥尻町で2018年7月12日午後7時28分、貝塚太一撮影

 230人が犠牲になった1993年の北海道南西沖地震から25年がたった12日、最大の被災地・奥尻島(北海道奥尻町)で追悼行事があった。島では沿岸全域を襲った津波などにより198人が死亡・行方不明になった。107人が犠牲になった青苗地区の海岸では、遺族らが灯籠(とうろう)を流し、犠牲者の冥福を祈った。

 妻を亡くした漁師の磯島幸男さん(89)は「あっという間の25年。漁の忙しいシーズンが来るが、見守ってくれている」と海を見つめていた。

 慰霊碑「時空翔(じくうしょう)」の前では、住民らが1000本のキャンドルに灯をともした。地震は93…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1003文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです