メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

山梨県笛吹市役所で12日、山梨の郷土料理「ほうとう」とラーメンを掛け合わせた…

笛吹市が開発した「ラーほー」=山梨県笛吹市の笛吹市役所で2018年7月12日、滝川大貴撮影

 山梨県笛吹市役所で12日、山梨の郷土料理「ほうとう」とラーメンを掛け合わせた新機軸の麺料理「ラーほー」がお披露目された。市と料理研究家が共同で開発し、市の名物として売り出す。

     幅広の小麦麺を野菜とともにみそで煮込むほうとうは専門店で1杯2000円することも。観光客らに気軽に親しんでもらおうと、価格や味をラーメンに近づけた。

     スープは、しょうゆ味と香辛料を利かせたエスニック風2種類。鶏肉やネギ、半熟卵をトッピングした。12店が20日から1杯800円前後で提供する。市は「ほうとう麺のように長いブームになれば」。【滝川大貴】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
    2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
    3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
    5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]