メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

積乱雲連なり豪雨に 線状降水帯、11日で68回 国内年間に匹敵

 日本気象協会は12日、西日本を中心とした今回の豪雨について、積乱雲が連なり猛烈な雨を降らせる「線状降水帯」が九州や中国、四国地方などで計68回発生したと発表した。国内で年間を通じて発生するのとほぼ同じ数の線状降水帯が、わずか11日間で確認されたという。

     線状降水帯が発生すると、数時間にわたって、ほぼ同じ場所で猛烈な雨が降る。停滞している前線に向かって、大量の暖かく湿った空気が継続的に流れ込むことなどが原因。今回はその条件がそろったとみられる。

     同協会によると、今回の豪雨の期間にあたる6月28日~今月8日、各地方で線状降水帯が観測された回数は、九州21回▽中国5回▽四国30回▽近畿6回▽中部6回--だった。2014年からの3年間をみると、春から夏にかけての発生回数は計200回だった。【最上和喜】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
    3. 2018年問題 変わる「非正規」のルール 4月と10月
    4. SDガンダム 飛駆鳥大将軍がガンプラに 大輝煌鳳凰、鳳凰要塞艦に変形
    5. 弁護士会 野村修也弁護士を懲戒 調査でプライバシー侵害

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]