メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

萩尾望都

「味いちもんめ」番外編「漫画家食紀行」に登場 伊橋と食トーク

13日に発売された「ビッグコミックスペリオール」に掲載された「味いちもんめ 食べて・描く! 漫画家食紀行」の扉画像=小学館提供

 「ポーの一族」「トーマの心臓」などで知られるマンガ家の萩尾望都さんが、13日に発売されたマンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)に掲載された「味いちもんめ 食べて・描く! 漫画家食紀行」に登場した。

 「味いちもんめ 食べて・描く! 漫画家食紀行」は、あべ善太さん原案、倉田よしみさん作画、花形怜さんシナリオの人気マンガ「味いちもんめ」の番外編で、毎回マンガ家がゲストとして登場する。ゲストが駆け出し時代の苦労話や制作の裏話を食の面から、主人公・伊橋悟らに語る。同号では、萩尾さんが伊橋に仕事場の様子や食について語っている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです