メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院6増案

衆院審議入り 自民、17日にも成立の構え

衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で質問に答える自民党の岡田直樹氏=共同

 衆院政治倫理・公選法改正特別委員会は13日午後、参院選の「1票の格差」を是正する参院選挙制度改革を巡り、定数を6増する自民党提出の公選法改正案の審議に入った。与党は17日の特別委採決を提案しており、野党が反対しても、同日にも衆院本会議で成立させる構えだ。

     改正案は比例代表の一部に拘束名簿式となる「特定枠」を設けたのが特徴。隣接県同士を一つの選挙区とする合区選挙区は維持する。野党は特定枠を「党利党略」と批判、定数増については「国民の理解が得られない」と反発している。

     特別委では自民党の白須賀貴樹氏が、合区選挙区の面積の広さを指摘した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
    2. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
    3. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
    4. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
    5. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]