メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川

暴力行為投書の児童を平手打ち 男性講師が謝罪

 香川県東部にある小学校の男性講師が今年4月、昼休み中に体へ覆いかぶさった男子児童から行為を投書されたため、この男児を平手打ちしていたことが12日、地元教委への取材で分かった。教委は体罰にあたると指摘。学校と講師は児童や保護者に謝罪した。

 地元教委によると講師は昼休み中、校庭の朝礼台で寝そべっていた男児4人に授業が始まるので教室へ戻るよう指示。2人の背中に寝転ぶように乗った。

 その直後、男児2人のうちの1人から、校内の児童会投書箱に「先生のしたことを(書いて)入れた」と告げられた。講師が「人に言うのでなく直接来い」と言うと、男児は「直接言う必要はありません」と話して教室へ戻ろうとしたため、ほおを平手で1回たたいたという。男児にけがは無かった。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです