メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川

暴力行為投書の児童を平手打ち 男性講師が謝罪

 香川県東部にある小学校の男性講師が今年4月、昼休み中に体へ覆いかぶさった男子児童から行為を投書されたため、この男児を平手打ちしていたことが12日、地元教委への取材で分かった。教委は体罰にあたると指摘。学校と講師は児童や保護者に謝罪した。

 地元教委によると講師は昼休み中、校庭の朝礼台で寝そべっていた男児4人に授業が始まるので教室へ戻るよう指示。2人の背中に寝転ぶように乗った。

 その直後、男児2人のうちの1人から、校内の児童会投書箱に「先生のしたことを(書いて)入れた」と告げられた。講師が「人に言うのでなく直接来い」と言うと、男児は「直接言う必要はありません」と話して教室へ戻ろうとしたため、ほおを平手で1回たたいたという。男児にけがは無かった。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです