メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

暑さ、がれき、泥との闘い 古里再起へ

 西日本を襲った記録的な豪雨は、岡山、広島両県などに大雨特別警報が発表されてから13日で1週間となった。高温注意情報が出された被災地では住民や消防隊員、自衛隊員らが、今も町を埋め尽くす泥やがれきを片付ける作業に追われた。

 大規模な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区では13日、自衛隊によるごみの撤去が始まった。現地では水が引いて、住宅の片付け作業が続いているが、室内から運び出された家具や家電などのごみが日を追うごとに増えている。道路脇には、背丈ほどの高さにまで積まれたごみが、壁のように連なっていた。

 この日、自衛隊員らは重機を使い、次々と大型トラックにごみを積んでいった。ただ、空いたスペースには住…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 自民総裁選 進次郎氏「違う声を強みに」 石破氏支持理由
  5. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです