メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

鶴竜も休場 19年ぶり3横綱全員不在

鶴竜=松田嘉徳撮影

 大相撲の東横綱・鶴竜(32)=井筒部屋=が名古屋場所6日目の13日から休場することが決まった。鶴竜は自身初の3連覇を目指していたが、5日目を終えて3勝2敗と精彩を欠いていた。鶴竜の休場は昨年11月の九州場所以来、10回目。6日目の対戦相手の千代の国は不戦勝となる。

 今場所は初日から稀勢の里、4日目から白鵬が休場した。3横綱全員不在は若乃花、貴乃花、曙が休場した1999年春場所以来、19年ぶり。横綱不在の場所は、当時、ただ一人の横綱だった朝青龍が途中休場した2006年夏場所以来、12年ぶりの事態となった。【飯山太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]