メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

進む円安

「貿易戦争」でもドル買い 円買いが進まず

日経平均と為替の推移

1ドル112円台 米経済好調も反映

 米中の「貿易戦争」で世界経済の先行き懸念が高まる中、外国為替市場では一部で予想されたリスク回避の円買いが進まず、逆に円安・ドル高傾向が強まっている。12日には円相場が約半年ぶりの円安・ドル高水準の1ドル=112円台まで下落した。米国経済の強さに着目し、中国経済の方が貿易戦争の打撃が大きいと見る投資家が資源国や新興国通貨を売ってドルを買っているためで、円もつられて安くなっている。【小原擁、古屋敷尚子】

 外為市場で、円は「比較的安全な資産」とされる。世界最大規模の対外純資産を持つ一方、物価のデフレ状況…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです