琵琶湖博物館

10万匹に1匹 珍しい「雌雄カブトムシ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
雄の角と、雌の胸の筋を併せ持つ雌雄モザイク個体のカブトムシ=滋賀県草津市下物町の琵琶湖博物館で、2018年7月12日午前11時35分、礒野健一撮影
雄の角と、雌の胸の筋を併せ持つ雌雄モザイク個体のカブトムシ=滋賀県草津市下物町の琵琶湖博物館で、2018年7月12日午前11時35分、礒野健一撮影

 雌雄両方の特徴を持つカブトムシが、滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市)で12日から展示されている。体長約4センチ。雄の特徴の角が頭部にあるが、左に短く曲がり、胸部には小さな角がない代わりに、雌の特徴の筋が入っている。

 京都市の主婦、松村直子さん(29)が自宅で今年羽化させた約20匹の中から見つけ、先…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

あわせて読みたい

注目の特集