メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

頑張りすぎない…「災害ストレス」に注意

多くの扇風機が設置された広島市立矢野南小学校の避難所=広島市安芸区で2018年7月11日、大西岳彦撮影

心のケアの大切さ訴え 専門家「異変感じたらすぐに相談を」

 西日本豪雨の被災地では、自宅にいられなくなった住民が避難生活を続けており、避難所生活の長期化も懸念されている。被災したショックや慣れない避難所生活から生じる「災害ストレス」が精神疾患につながることが過去の災害で分かっているため、心のケアも今後の課題の一つだ。専門家は「被災から数カ月は頑張りすぎてしまう人が多い。異変を感じたらすぐに相談を」と呼びかけている。

 被災者の心のケアに詳しい黒木俊秀・九州大教授(精神医学)によると、災害ストレスによる精神的影響には…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文677文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  3. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです