メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

7000人超が避難生活 大雨特別警報1週間

 西日本を襲った記録的な豪雨は、広範囲に土砂崩れや河川の氾濫など甚大な被害をもたらした。毎日新聞の集計で12日午後10時半現在、14府県で死者は189人、安否不明者も68人に上る。数十年に1度の重大な災害が予想される「大雨特別警報」が、九州から近畿の広範囲に出されてから13日で1週間。15府県で7000人超が今も避難生活を強いられ、ライフラインやインフラの復旧も進んでいない。被災地では復興への道のりを見通せない状況が続いている。

 気象庁は今月6日、広島や岡山、福岡など8府県に大雨特別警報を発表。警報は8日までに計11府県に出さ…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1163文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです