メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小笠原諸島

西之島で小規模噴火 海保が噴煙を確認

噴煙が上がる東京・小笠原諸島の西之島(海上保安庁提供)=共同

 気象庁は12日、東京・小笠原諸島の西之島で、ごく小規模な噴火を確認したと発表した。今後も大きな噴石が飛ぶ可能性があるとしている。

 気象庁によると、12日午後0時24分ごろ、火口付近で茶色の噴煙が上がっているのを海上保安庁の航空機が確認した。噴煙は高さ約100メートルに達していたとみられ、気象庁は噴…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]