公取委

全日空制服納入で談合 3百貨店に課徴金納付命令

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

3百貨店に商社など加えた5社に再発防止求める排除措置命令

 全日本空輸の制服の受注を巡って談合したとして、公正取引委員会は12日、高島屋(大阪市中央区)など百貨店3社に計約3200万円の課徴金納付命令を出した。公取委は立ち入り検査を行わず、独占禁止法に基づく報告命令を出して各社から資料の提出を受ける形で調査した。

 納付命令を受けたのはほかに、そごう・西武(東京都千代田区)と名鉄百貨店(名古屋市中村区)。百貨店3社に伊藤忠商事(大阪市北区)とオンワード商事(東京都千代田区)を加えた5社に再発防止を求める排除措置命令も出した。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文620文字)

あわせて読みたい

注目の特集