メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

防災情報メール192万件の配信が遅延 岡山

 岡山県は12日、今回の西日本豪雨に絡む防災情報メール計約192万件の配信が、最大2時間程度遅れるトラブルがあったと発表した。

 県によると、登録者約6万4000人向けに配信している「おかやま防災情報メール」。気象庁が出す警報や注意報、土砂災害警戒情報、河川の観測情報などを配信しているが、6日午後6時半~7日午前11時半に送ったメールに遅れが生じた。

 特定のドメイン(インターネット上の住所に当たるもの)にメールを送信した際に迷惑メールと判断されたことで、大量の再送処理が発生。これに伴い、他のメールの配信も滞ったという。県は再送処理が必要になった約3000人への配信を中止した。

 県危機管理課は「災害に影響があった可能性があり、重大な問題と受け止めている。対応を検討したい」としている。【高橋祐貴】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]