特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
最後の夏で投球する大湊川内の山道昴昇主将(3年)=青森県八戸市で2018年7月12日、北山夏帆撮影
最後の夏で投球する大湊川内の山道昴昇主将(3年)=青森県八戸市で2018年7月12日、北山夏帆撮影

青森県立大湊高川内校舎 本校の大湊高などから助っ人借りて

 生徒数の減少で2020年度での廃校が決まっている青森県立大湊高川内校舎の野球部が12日、第100回全国高校野球選手権記念青森大会の1回戦に出場した。部員は投手の山道昴昇主将(3年)、ただ一人。本校の大湊高や運動部などから助っ人を借り、試合に臨んだ。結果は38-0で完敗だったが、「練習してきたことをすべて試合にぶつけられた。悔いはない」と胸を張った。

 山道選手は幼稚園の頃から野球を始め、中学まで続けた。高校入学当初は吹奏楽部に入ったが、中学時代の仲間がプレーする姿を見て、「もう一度野球がしたい」という気持ちがうずいた。1年生の秋、3年生が引退して部員がゼロになった野球部に入部。「最後の夏は大会に出たい」と2年後に照準を合わせ、練習を始めた。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文675文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る