メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

関の小瀬鵜飼再開 ぎふ長良川鵜飼は14日に

観覧船の乗客に手縄さばきを披露する鵜匠=岐阜県関市小瀬で2018年7月12日午後8時4分、沼田亮撮影

 豪雨で岐阜県の重要な観光資源となっている鵜飼(うかい)は中止を余儀なくされた。このうち関市の小瀬鵜飼は12日、2週間ぶりに再開した。岐阜市のぎふ長良川鵜飼は14日に再開するが、観覧船の運航は少なくとも16日までの中止が決まっている。

 小瀬鵜飼は雨で6月28日から中止され、関市によると、観覧客計521人の予約がキャンセルとなった。12日は川の水位が通常より高いものの濁りが薄れてきたため再開を決めた。午後5時過ぎから観覧船などをクレーン車で…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです