メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

関の小瀬鵜飼再開 ぎふ長良川鵜飼は14日に

観覧船の乗客に手縄さばきを披露する鵜匠=岐阜県関市小瀬で2018年7月12日午後8時4分、沼田亮撮影

 豪雨で岐阜県の重要な観光資源となっている鵜飼(うかい)は中止を余儀なくされた。このうち関市の小瀬鵜飼は12日、2週間ぶりに再開した。岐阜市のぎふ長良川鵜飼は14日に再開するが、観覧船の運航は少なくとも16日までの中止が決まっている。

 小瀬鵜飼は雨で6月28日から中止され、関市によると、観覧客計521人の予約がキャンセルとなった。12日は川の水位が通常より高いものの濁りが薄れてきたため再開を決めた。午後5時過ぎから観覧船などをクレーン車で…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです