メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神・糸井

球宴に強行出場へ 後半戦早期の復帰目指し

阪神の糸井嘉男外野手=共同

 死球による右腓骨(ひこつ)骨折で戦列離脱中の阪神の糸井嘉男外野手が、マイナビオールスターゲーム2018に出場する意向であることが12日、分かった。球団関係者によると、16日に始まる後半戦の早い時期に復帰することを目指している。オールスター戦の出場を辞退すれば、規定により後半戦開始から10試合は出場できないため、痛みを押して出場するという。

     糸井は6月30日のヤクルト戦(神宮)で投球を右すねに受けて骨折、7月3日に出場選手登録から外れた。長期離脱も懸念された主砲は回復に努めており、関係者は「球団としてもタイガースの代表として何とか頑張ってもらいたい」と話した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]