メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

鶴竜、金星連続配給 栃ノ心は5勝目

【大相撲名古屋場所5日目】鶴竜(右)を突き出しで破る阿炎=ドルフィンズアリーナで2018年7月12日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所5日目は12日、3場所連続優勝を狙う横綱・鶴竜は引いたところを平幕の阿炎に突き出され2連敗となった。阿炎は白鵬を破った先場所に続き、2場所連続で金星を挙げた。大関・栃ノ心は琴奨菊を寄り切り5勝目。関脇・御嶽海も全勝を守った。カド番の2大関は、高安が平幕6人とともに1敗を守り、2敗の豪栄道は速い攻めで千代の国を降し、白星を先行させた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです