メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

鶴竜、金星連続配給 栃ノ心は5勝目

【大相撲名古屋場所5日目】鶴竜(右)を突き出しで破る阿炎=ドルフィンズアリーナで2018年7月12日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所5日目は12日、3場所連続優勝を狙う横綱・鶴竜は引いたところを平幕の阿炎に突き出され2連敗となった。阿炎は白鵬を破った先場所に続き、2場所連続で金星を挙げた。大関・栃ノ心は琴奨菊を寄り切り5勝目。関脇・御嶽海も全勝を守った。カド番の2大関は、高安が平幕6人とともに1敗を守り、2敗の豪栄道は速い攻めで千代の国を降し、白星を先行させた。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文582文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです