メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

クロアチア初決勝 延長、美しき逆転

【クロアチア-イングランド】決勝進出を決めてサポーターの声援に応えるクロアチアのダリッチ監督(中央右)とモドリッチ(同左)=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月11日、長谷川直亮撮影

 ○クロアチア2-1イングランド●(準決勝・11日)

 20年ぶりの挑戦で、準決勝の壁をクロアチアが突破した。試合終了の笛を聞いたロブレンとビダは、両膝でピッチを滑るようにしてサポーターが待つゴール裏に駆けつけた。攻撃の柱であるモドリッチはダリッチ監督と肩を組み、腕を観客席に向けて突き上げた。

 一体感がにじむ秀逸なゴールが続いた。後半23分、右クロスに中央のペリシッチが左足を伸ばして当て、同点。延長後半はクロスからのこぼれ球をつなぎ、ゴール左からマンジュキッチが左足で豪快に決めた。終盤に浮足立ち、運動量の落ちたイングランドを尻目に、勝負どころで走り、競り合い、粘り勝ちした。「…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです