メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

女子単決勝はケルバー対セリーナ

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第10日は12日、女子シングルス準決勝があり、第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が、第12シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)に6-3、6-3でストレート勝ちし、準優勝した2016年以来、2年ぶりに決勝へ進んだ。2年ぶりの優勝を目指す第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)は第13シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)に6-2、6-4で快勝。14日の決勝は16年と同じカードとなった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
    4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
    5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]