メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

教育はエンタメ--「ビリギャル」著者の坪田信貴さんが吉本興業役員に就任したワケ

「エンターテインメントの会社の知見は教育現場でも100%生かせる」。吉本興業の社外取締役に就任した理由を語る「ビリギャル」著者の坪田信貴さん=中澤雄大撮影

 金髪姿の制服女子高生の表紙が印象的だったベストセラー本「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」(KADOKAWA)の刊行から約5年。「ビリギャル」の流行語を生んだ著者で、塾経営者の坪田信貴さんが6月下旬、吉本興業の社外取締役に就任したことが分かった。「教育」と「お笑い」ビジネス。一見、結びつきそうにない世界だが、吉本興業の狙いはどこにあるのか。坪田さんに就任に至るまでの経緯と今後の抱負などを直撃すると、二つの異なる世界が持つ不思議な親和性が浮かび上がってきた。【中澤雄大/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り7431文字(全文7698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです