メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

割烹旅館玉川/下 安らぎと思い出の場に /東京

 ◆割烹旅館玉川 千葉県船橋市湊町2の6の25

多彩な客層、歴史支え

 宿泊客が帰った後の旅館を訪ね、女将の長野與子さん(71)と国の有形文化財である第2別館を歩く。「手すきのガラスが使われているので、窓を拭くときに気を使うんですよ」。薄く繊細なガラスが、木枠にはめられている。長野さんはそれを一つ一つ丁寧に拭いていく。

 「古い木は温かみがありますよね。お掃除していてもやりがいがあります」。館内には、広さや立地が異なる…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文883文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです