メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本最後の恐竜化石

鹿児島・甑島で発見、ハドロサウルス類大腿骨 あすから薩摩川内市鹿島支所で公開 /鹿児島

 鹿児島県薩摩川内市の甑(こしき)島で発見された恐竜絶滅時期に近い約7000万年前のハドロサウルス類の大腿(だいたい)骨の化石(長さ約70センチ)が15日~9月2日、島内の市鹿島支所で「日本最後の恐竜化石」として公開される。

 化石は、市甑ミュージアム恐竜化石等準備室専門職員の三宅優佳(ゆか)さん(31)や、熊本大の小松俊文准教授(古生物学)ら5人が発見。三宅さんは「海岸の地層の地質調査中でしたが、とても大きくて『骨だ』とすぐ分かりました。うれしく…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです