メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK

ネット同時配信容認 総務省会議が報告書案

 総務省の有識者会議は13日、NHKがテレビ番組を放送と同時にインターネットで常時配信することを容認する報告書案をまとめた。民放各局にNHKの「肥大化」懸念があることから、民放など他事業者との連携のほか、ガバナンス(組織統治)強化や受信料水準の見直しも求めた。

 野田聖子総務相は会議で「国民・視聴者や関連事業者の意見を聞きながら、具体的な検討を早急に進めてほしい」と述べた。

 報告書案では、インターネットやスマートフォンの普及で「番組をさまざまな機器や場所、時間で視聴したいという期待は高まっている」と指摘。NHKが放送の補完として常時同時配信を行うことは「一定の合理性、妥当性がある」と判断した。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 大阪市、ハトなどへの餌やり規制へ 10年前から一部住民が続け、ふん害発生

  3. 宝塚歌劇、雪組でも1人がコロナに感染 大阪で17日開幕の公演出演者

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです