メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災者住宅、岡山で不足 政府確保7万戸 兵庫・京都に集中

豪雨の被害を受けた5府県の提供可能住宅戸数

 政府は西日本豪雨の各避難所などで生活する被災者の受け入れ先として7万戸以上の公営住宅や民間賃貸住宅を確保した。だが、大半は兵庫県や京都府などに集中し、被害が甚大な岡山、広島両県などでは確保が難航。被災地からは地域住民が集団で暮らせる仮設住宅の建設を求める声が上がる。【川辺和将、青木純】

 住宅は自治体が災害時に借り上げ、被災者に提供する「みなし仮設住宅」として活用する。政府が被災者の家賃や敷金などを国庫で負担する。13日時点で民間賃貸住宅5万5199戸▽公営住宅…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです