メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

ダム操作の検証、安倍首相が表明 愛媛視察

大洲市徳森の平公民館で、避難者を激励する安倍晋三首相=愛媛県大洲市で2018年7月13日午後1時25分ごろ(代表撮影)

 安倍晋三首相は13日、西日本豪雨で被災した愛媛県を視察した。豪雨時に放水量を増やした肱川(ひじかわ)上流の野村ダム(同県西予市)の操作について、「国土交通省において徹底的に検証し、改善すべき点があれば速やかに改善する」と表明した。視察先の宇和島市で記者団に語った。

 肱川が氾濫した西予市では5人が死亡して…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです